Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

オーラ浄化をもう一歩ふみ込みレイキヒーリングの精度をあげるやり方

あなたがこのページを読み終える
ころには、オーラ浄化の本当の意味
が理解できるでしょう。

そして、オーラ浄化の本当の意味が
理解できたら、その後のレイキヒーリング
の質が変わることを実感できます。

ただ、なんとなく、オーラの繭を整える
オーラ浄化ではなくて、意味を理解して
実践することでまったく違うオーラ浄化
できるようになります。!

エネルギーのセンタリングを行う

レイキスクールで学びを終えて
セルフヒーリングをし霊気のパイプを
育てます。

その後はいよいよ自分以外の誰かに
レイキヒーリングをするステップと
なりますね!

レイキヒーリングでのオーラ浄化の
手順は「上から下」「左右」に両手を
動かしてヒーリー(受け手)の身体の
周りにあるオーラを滑らかにします。

通常、身体のまわりを手で撫でるだけの
オーラ浄化ですが、この前にまずあなた
自身のエネルギーをセンタリングします。

レベル2を受講しているかたは、
第3シンボルを書き心のなかで言霊を
唱えると良いでしょう。

レベル2を受講していない場合は、
以下の手順でエネルギーのセンタリング
を行って下さい。

【エネルギーのセンタリングのやり方】

(1)椅子にリラックスして座り、手を膝の
上におきます。
目は閉じても開いててもかまいません。

(2)ゆっくりと呼吸をして身体の隅々に
頭の上から宇宙の根源のエネルギーが
流れ込んでくる状態をイメージします。

(3)しばらく呼吸だけに意識を向けると
心に何やら文字が出たり、感情が湧きだしたり
雑念が湧いたりして来ます。

(4)その感情や浮かんできたイメージに
そっと意識を向けて下さい。

(5)消えたり回転したり、違うイメージに
変わったり、深追いせずに自由に感じましょう。

(6)そすうると徐々に何もなくなって
静寂の時が訪れます。何も考えていない状態です。

(7)すると何やらシンボルのような物が
見えたり、感じたりします。
文字かもしれません、図形かもしれません。
ただ色を思い浮かべるかもしれません。

(8)静寂の先に何かを感じたら終了します。

(9)感じたシンボルをメモしておくと
何かの気付きになるかもしれません。

エネルギーボールを作りエネルギーの場を感じるトレーニングを行う

エネルギーボールの作り方は以前、記事に書きましたので、参考にして下さい。

レイキヒーリングの精度を上げるオーラ浄化のやり方

(1)ヒーリーをリラックスさせて座らせます。

(2)ヒーリーの後ろに立ち

「私は今から宇宙の根源からくるレイキエネルギーの
通路となりレイキヒーリングを行います」

「この方の魂が光輝きますように」

と声に出して言ってもいいし、
心のなかで言ってもいいです。

(3)両手を上げて全身にレイキを浴びながら
頭の頂点から白く光るレイキエネルギーが
流れこむのを感じます。

(4)しばらくすると両手からレイキが
溢れてくるのがわかります。

(5)その手でヒーリー(受け手)の
背中側から身体の真ん中を上から下に
両手でゆっくり撫でます。

撫でるのは身体から30~40cm離れた
辺りです。オーラをなでて下さい。

(6)骨格は左右対称にできていますから
通常、手に感じるオーラは左右対称です。
でも、不調があると左右の手で感じ方が
違います。

(7)その後もう一度頭から下方向へ
真ん中から外へオーラを撫でます。

この時も左右の手の感覚を比べて下さい。

(8)背面が終わったら前面に移ります。

(9)不調箇所がわかってもそのまま
オーラ浄化をして下さい。

(10)その後通常のレイキヒーリングを行います。

(11)オーラ浄化で不調箇所に気づくと
その瞬間ヒーリングが行われます。

もう一度同じ場所をオーラ浄化すると
先ほどの不調は消えていることが多いです。

(12)オーラ浄化で不調箇所が調整し終わった
後にレイキヒーリングで12ポジションを
行うと、全身に滞り無くレイキが行き渡る
やすく、初心者でもヒーリングの精度が
上がります。

(13)最後もう一度オーラ浄化を行います。
最後のオーラ浄化は1度目はゆっくりと
2度、3度めはサーッと撫でるように
整えて下さい。

以上、レイキヒーリングの精度を上げる
オーラ浄化のやり方でした。

ぜひ参考にしていただき、素敵なヒーリング
を実践して下さい(^-^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。