Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

奇妙な体験

エネルギーを扱う人たちの中で
奇妙な体験があるのをご存じだろうか?

レイキの肇祖 臼井甕男先生は鞍馬山
で断食修行を行った際の最後に意識
もうろうとした中、雷に打たれたような
衝撃を受けたと。

また、脳科学者の苫米地英人先生も
気功の達人であり幼少期に雷に打たれた
記憶をもっている。

マトリックス・エナジュティクスの創始者
リチャード・バートレットは著書の中で
事故の最中、青い風船に包まれたように守られた
と言っている。

ゲートテクニックのエリック・パールも
ヒーリングの時何か別の誰かが部屋にいる
のを感じると言っている。

エネルギーの場を感じる

エネルギー療法と言ってもたくさんの
やり方があるが共通して言えるのは、
現在の「場」とは「違う場」を認識している点だ。

レイキにしても宇宙の根源からくる
エネルギーを活用している。

気功も自然界や宇宙ののエネルギーの活用だ。

目に見えるものだけが全てではない。

エネルギーヒーリングを学ぶようになると
五感や第六感を使って感じれるもの
それ以上のものをもっと活用出来るようになる。

突然やってきた衝撃的な感覚

僕の場合はレイキヒーリングの
アチューンメントを何度か受けるた後に
それは突然やってきた。

寝ている時に車に乗ってトンネルに入る
夢を見たのだ。

そして、出口が近づくにつれて出口の
向こうでは雷が鳴っているのがわかった。

そのまま車を走らせる。

車には雷は落ちないと聞かされていたからだ。

そして出口に差し掛かった瞬間。
雷がものすごい勢いで落ち始めた。

真っ白い光と透明な紫の光が僕の目の前を覆った。

雷の爆発によって体の中から破裂する感覚が
リアルに伝わってくる。

夢のはずなのに、身体が千切れそうになる。

マトリックスという映画で
最後エージェントスミスがネオに身体の中から
破壊された時のように、身体がひび割れて
エネルギーが放出されるような感じになった。

ドドドドドド!っと唸りをあげながら
ひっきりなしに落ちてくる雷?の衝撃。

あっ、これは死んだ。
って正直思った。

いったい何分続いたのかわからない
感覚的には完全に肉体はなかったと思う。

そして、しだいに暗い部屋に戻っていった。

布団の上に意識が戻ってきた。

ゆっくり目を開けるが、太陽を見た後の
ように暗がりの中にボンヤリ緑色の丸の
ようなものが見えるだけで良く見えなかった。

衝撃的過ぎて忘れることが出来ない。

こんな話をすると「おかしなヤツ」と
言われて話が終わるが、これを機に
不思議なことが起こり始めた。

その1 僕の整体院に来るだけで痛みがなくなる人が増えてきた。

その2 整体を受けた人はエネルギーを感じられるようになってきた。

その3 整体を受けた人はエネルギーを使えるようになってきた。

その4 患者さんを見るとエネルギーの滞っている場所が分かるようになってきた。

その5 エネルギーの感覚や使い方は伝染するように相手に伝わることが分かった。

その6 一人ひとりアチューンメントしなくても場にエネルギーを流すだけで皆が使えるようになる事が分かった。

エネルギーワークは誰でも簡単に使うことが出来るようになってきている。
そんな時代になってきているようだ。

雷に打たれたなどの不思議な体験を著書に記されている先生方。

普通死ぬだろ?って思うけど。

あながち嘘じゃないなって思います。

古い時代の教えでは、
「一人ひとり回路を開いてエネルギーを使えるようにする。」
と伝えられていますが、現在ではそうではないです。

一度に回路は開けます。

また、エネルギーを使う方に施術してもらうとほぼエネルギーワークが出来るようになります。
あとは、やり方をインターネットや書籍で調べればいいのです。

すると、同じようにできるのです。

もちろん、セミナーに出席して細かく教えてもらえばもっと上手に出来るようになりますが。

今はとてもいい時代の流れにあると思います。
僕自身も伝えやすくなりましたし、セミナーで教えてても受講生の方が上手じゃないのかなって思えることも多々あります。

不思議な体験をしましたが同じような体験をしている人はきっと沢山いるのではと思いました。

あなたも忘れているだけで、そんな体験をしているかもしれませんね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。